ホーム

協会の概要

 公益社団法人 神奈川県高圧ガス防災協議会は、神奈川県、警察、消防機関と緊密な連携のもとに、神奈川県内における高圧ガスの移動途上における高圧ガスに係る災害の発生及び災害の拡大を防止するとともに、小規模製造事業所、販売事業所及び消費事業所における高圧ガスに係る災害並びに建設現場、路上等に放置された高圧ガス容器に係る災害の拡大を防止し、もって公共の安全確保に寄与することを目的とした団体です。


 当協議会は一般則、液石則に定める「事故が発生した際に共同して対応する組織」として整備され、ガスの種類別に応じた防災事業所を地域ごとに定め、緊急出動要請に備えた要員と緊急用資機材を確保し、的確な応援・助言活動に心掛け高圧ガス移動時の災害とその拡大防止に取り組んでいます。

〔団体の名称〕

公益社団法人 神奈川県高圧ガス防災協議会

  • 設立:昭和47年5月
  • 社団法人認可:昭和48年5月
  • 公益社団法人認定:平成25年3月18日
  • 解散登記及び設立登記:平成25年4月1日

〔役員構成〕

  • 会長、副会長(5名)、専務理事、理事(19名)監事(4名)

〔定 款〕

〔関連法人団体〕

  • 一般社団法人神奈川県高圧ガス保安協会、公益社団法人神奈川県LPガス協会、一般社団法人神奈川県高圧ガス流通保安協会、公益社団法人神奈川県トラック協会

〔事業内容〕